12月の施設での活動報告

ブログ, 施設での活動, RAHOS

12月も2名のセラピストで活動、常陸太田市の放課後等デイサービスで41名(内、多機能型通所支援施設14名)、多機能型生活支援センター18名の方をトリートメントさせていただきました。

今月は、当スクールの「医療・介護の現場で役立つトリートメント講座」の受講中の方が見学を希望され、施設にご許可をいただき見学参加させて頂きました。

 

今月も新しく入ったご利用者様がいらっしゃり、初めてトリートメンさせていただきました。筋肉系の難病を抱えていて、むくみや足趾の動きの悪さがありましたがトリートメントで目に見える軽減がありました。今後も慎重に行っていこうと思います。

先月から入ったご利用者様は、握手や服の上から前腕を触れるコミニケーションをとって徐々に慣れていただきました。他の利用者様の施術を見学していたところ自ら準備をしてくださってトリートメントができ、とても気に入ってくださいました。血色がかなり悪く冷えていたので身体に負担がかからないよう時間をかけながら改善のサポートをしたいと思いました。

 

施設の活動報告は、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)のホームページでも紹介しています。

全国での様々な高齢者施設や障害者施設での活動として、施設概要や活動内容、毎月の活動報告が会員による施設での活動報告のページでご覧になれます。

私の活動している常陸太田市の放課後等デイサービス多機能型通所施設多機能型生活支援センター武蔵野市のデイセンターも紹介されています。

多くの方にご覧いただきたいと思っています。ご興味がある方は、ぜひお問い合わせください。