武蔵野市の障害者施設での活動

ブログ, 施設での活動, RAHOS

武蔵野市の障害者施設でのトリートメント活動に参加してきました。

今回も2名の女性のご利用者様を担当させていただきました。

お2人とも車椅子に座った状態でのトリートメントスタイルで行いました。

足浴後ということと、この日は気温も高めだったこともあってか足部は温かくなっていて、トリートメントでも効果が早めに現れたと感じました。お1人は生理中とのことで下腿の冷たさと硬い張りがありました。様子を伺いながら丁寧に行いました。

手のトリートメントもお2人ともリラックスして落ち着いて受けておられました。

この季節は特に感染症の心配があります。予防としてマスクや手洗い消毒はもちろん、私たちセラピストの体調管理をしっかり行うことがとても大切ですね。

こちらの施設ではチームラホスで活動しています。この日もセラピスト3名で参加してきました。

施設の活動報告は、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)のホームページの会員による施設での活動報告でも紹介しています。毎月更新しておりますのでぜひご覧ください。