R2.7 放課後等デイサービス・トリートメントの様子・小中学生

ブログ, 施設での活動

自粛期間の休校が明けてから、甘えたくて情緒が安定していないようになっていたご利用者様は、トリートメント中も落ち着かず声を張り上げることがありましたが、回を重ねるごとに落ち着いてトリートメントを受けるようになりました。

装具を付けている方は先月より足がしっかりしてきていました。このご利用者様を初めてトリートメントしたのが小学校2年生の時で、当初ベッドやマットに寝ると直ぐに暴れてしまい椅子に座っても落ち着きませんでした。

職員の方から、プラスチックでできた子供用イスだとバランスを取りやすく落ち着いて座ることができることがわかり、以後子供用イスでトリートメントしていましたが、小学校6年生になった現在では、身体が成長して来て子供用イスに腰掛けるには不安定になってきてしまいました。

当初は歩けなませんでしたが、装具を付けての歩行練習も進み脚もしっかりしてきて脚力も強くなってきていたため、動き出してしまうとイスが壊れてしまいそうな感じがしてきました。成長に合わせて工夫をしていく必要があると感じましたので、来月から違う方法を試みたいと思います。