施設での活動トリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, 放課後等デイサービス, 常陸太田市, RAHOS, JREC

施設での活動は4月が1週目1日(2か所)のみ、5月は0回でした。

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言等を受け、自治体や施設の意向に従い自粛となっていました。

普段は心身のサポートとしてトリートメントさせていただいていますので、長い期間できないことにもどかしい思いもありますが、まずは連携した感染防止の対策が一番だと思っています。

緊急事態宣言解除になり施設から、6月から再開とのご連絡をいただきました。今後も最新の正しい情報を確認して予防と体調管理に気を付け、自治体等に従い慎重に活動していきます。

施設での活動トリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, 放課後等デイサービス, 常陸太田市, RAHOS

3月も2名のセラピストで活動、常陸太田市の放課後等デイサービスで53名(内、多機能型通所支援施設27名)、多機能型生活支援センター19名の方をトリートメント27させていただきました。

新型コロナウィルスの影響で学校がお休みなり、放課後等デイサービスでの活動時間も変更になりました。

セラピスト活動を始めてから、感染症対策(感染しないこと、させないこと)は常に細心の注意を心がけてきましたが、更に強化して行うようにしました。

今月は気温差が激しかった時期がありまりたが、ご利用者様は皆さん体調を崩すことはありませんでした。皮膚の乾燥が目立った方が複数いらっしゃったので、精油選択をスキンケアを意識しつつ、刺激をかけないように表皮の血行促進するようにトリートメントしました。 

季節の変わり目もあってか、特に女性のご利用者様達は、冷えや気力の低下、食欲不振など、体調のバランスの崩れからと思われる症状がみられました。そのような方でもトリートメントを行うと手足が温かくなり、施術後の食事は喉を通り完食できるようになった方もいました。

    ...

ブログ, 施設での活動トリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, 放課後等デイサービス, 常陸太田市, RAHOS, JREC

報告が遅くなってしまいました。

2月も2名のセラピストで活動、常陸太田市の放課後等デイサービスで42名(内、多機能型通所支援施設16名)、多機能型生活支援センター19名の方をトリートメントさせていただきました。

循環がわるく常に血色が悪いご利用者様は、回を追うごとに血色がよくなっていました。精神的に落ち込んでいて声かけにも無反応だった方は、トリートメントを行うと笑顔になりコミュニケーションもとるようになりました。

職員の方を通し、ご家族から体調のご報告とトリートメント部位のご要望を伺うことが増えてきました。トリートメントを行うことに向き合って下さることが、よりご利用者様に合う必要なケアができると感じました。今後も可能な限り対応していきたいと思います。
           
施設の活動報告は、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)のホームページでも紹介しています。
全国での様々な高齢者施設や障害者施設での活動として、施設概要や活動内容、毎月の活動報告が会員による施設での活動報告のページでご覧になれます。

ブログ, 施設での活動トリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, 放課後等デイサービス, 常陸太田市, RAHOS, JREC

令和2年も施設での活動を充実させていきたいと思います。

1月も2名のセラピストで活動、常陸太田市の放課後等デイサービスで41名(内、多機能型通所支援施設16名)、多機能型生活支援センター21名の方をトリートメントさせていただきました。

長く施術させていただいている方達は、体調不良になる方はあまりみられず、寒くなり足の冷えは感じますが、継続的なトリートメントを受けることで以前より冷えの軽減が早くなってきました。

新しいご利用者様も慣れてきて、リラックスして受けてるようになってきました。その中でも、循環がわるく常に血色が悪いご利用者様はトリートメントでむくみと血色の悪さが改善されるのが目に見えてわかりました。

今後も継続的に受けていただくことで、足の様子だけでなく全身的な変化も感じていただけるようにサポートしていきたいと思います。

 

           

施設の活動報告は、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)のホームページでも紹介しています。

全国での様々な高齢者施設や障害者施 ...

ブログ, 施設での活動, RAHOSトリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, RAHOS

武蔵野市の障害者施設でのトリートメント活動に参加してきました。

今回も2名の女性のご利用者様を担当させていただきました。

お2人とも車椅子に座った状態でのトリートメントスタイルで行いました。

足浴後ということと、この日は気温も高めだったこともあってか足部は温かくなっていて、トリートメントでも効果が早めに現れたと感じました。お1人は生理中とのことで下腿の冷たさと硬い張りがありました。様子を伺いながら丁寧に行いました。

手のトリートメントもお2人ともリラックスして落ち着いて受けておられました。

この季節は特に感染症の心配があります。予防としてマスクや手洗い消毒はもちろん、私たちセラピストの体調管理をしっかり行うことがとても大切ですね。

こちらの施設ではチームラホスで活動しています。この日もセラピスト3名で参加してきました。

施設の活動報告は、ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)のホームページの会員による施設での活動報告でも紹介しています。毎月更新しておりますのでぜひご覧ください。

ブログ, 施設での活動, RAHOSトリートメント, リフレクソロジー, アロマセラピー, 障がい者, 放課後等デイサービス, 常陸太田市, RAHOS

12月も2名のセラピストで活動、常陸太田市の放課後等デイサービスで41名(内、多機能型通所支援施設14名)、多機能型生活支援センター18名の方をトリートメントさせていただきました。

今月は、当スクールの「医療・介護の現場で役立つトリートメント講座」の受講中の方が見学を希望され、施設にご許可をいただき見学参加させて頂きました。

 

今月も新しく入ったご利用者様がいらっしゃり、初めてトリートメンさせていただきました。筋肉系の難病を抱えていて、むくみや足趾の動きの悪さがありましたがトリートメントで目に見える軽減がありました。今後も慎重に行っていこうと思います。

先月から入ったご利用者様は、握手や服の上から前腕を触れるコミニケーションをとって徐々に慣れていただきました。他の利用者様の施術を見学していたところ自ら準備をしてくださってトリートメントができ、とても気に入ってくださいました。血色がかなり悪く冷えていたので身体に負担がかからないよう時間をかけながら改善のサポートをしたいと思いました。

 

施設の活動報告は、ホリ ...